読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プラチナと水面のきらめきに溺れたかったの

感想 覚書 映画

新宿ピカデリーは一昨年6周年での「映画 けいおん!」から(だよね?)、昨年今年と連続で京アニ作品を記念上映してくれています。すばら!*1*2
昨年も今年も、行けるだけ行くよ!!*3ということで座席を取ったのですが、うち1回をプラチナシートにしてみました。
プラチナルーム/シート | 新宿ピカデリー プラチナ

ざっくり流れ

ラウンジ

専用ラウンジみたいなとこを1時間前から使えるらしい。
1〜3Fからエレベーターでプラチナフロアに上がれるので向かいますと、降りて左手が受付カウンター。
確認の際「『映画 ハイ☆スピード! -Free! Starting Days-』ですね?」とフルでタイトル言われたのに地味に震撼した。
受付時にウェルカムドリンクを選ぶと、チケットの座席番号と対応したラウンジのシートに持ってきてくれます。
わたしは季節のお茶「HATSUKOI」をチョイス。もうひとつの「NATSUKOI」は残念ながら品切れでした。

スイーツとしてGODIVAのトリュフチョコレートが付いてきましたよ。

しばしのご歓談の後、15分前にアナウンスがあります。別に即座に移動する必要もないけど。
座席に飲み物とか食べ物が欲しければ、カウンターで注文しておくと持ってきてくれます。
もちろんウェルカムドリンクをそのまま持って行ってもらったって良い。

なお、結構冷房強めでした。

コンセ

受付となりです。

いまいち何があるのか分からなかったのでご飯は食べてから行きましたが、フードもいろいろあったので単価気にしないならラウンジまたはシートで食べるのも良いかもしれない。
あんまりちゃんと見てないけどドリンクが800〜、フードが1000〜てとこですか。
そういえばSMTカード出したら読んでくれるのかしら……。

飲まなかったけどシャンパンとかワインもあったよ。

座席

ボックスっぽく2シートずつ区切られてます。
見つからなかったらそこはそれ、で2席取って、躊躇いなく手を挙げてくれた@と並んで観てきたぜ。ありがとう、つるしー。

オットマンと膝掛けがあらかじめ置かれていてすばら…(暗すぎて写真見えない)
なお、荷物はそこまで大きくなければオットマンに入れることもできました。

脚伸ばせるの楽すぎてひゃほー……!

2席の左右にドリンクホルダーと、手元用のライトが付いてるし。*4

身長との兼ね合いもあるかと思いますが、前列の席を取ったらスクリーンの下キワキワがちょっと欠けます。
ものすごく背筋伸ばしてれば見えるけど、上映時間ずっとは無理だしそもそもどんどん沈んで抱きしめたクッションと仲良くなるタイプの映画だった。
後日、クッションをおしりの下に置くと良いとご助言いただきました。なるほど。
抱きしめてたからできなかったけど、抱きしめないなら次はそれで行きたい。

ほぼ中央正面、目線の高さにスクリーンを構えて、簡単に申し上げて最高の景色でしたよ尚先輩。岩鳶に帰りたい。
ルームだと結構サイドからになっちゃうみたいなので、どうしようもなく泣きたいけいおん!などが適しているかもしれません。

まとめ

大変に快適だった……!!
せっかくカードもいただきましたので、リピーター特典のお紅茶貰いがてら(逆)また使いたいなぁ、というところ!
https://www.instagram.com/p/BH2HpLRjhYaYEfEiGGDggl4vZM4Ae-R8uej2Rg0/
夏の扉

*1:昨年は4日間5作品。「たまこラブストーリー」「小鳥遊六花・改 〜劇場版 中二病でも恋がしたい!〜」「劇場版 境界の彼方 ーI'LL BE HEREー 過去篇」「劇場版 境界の彼方 ーI'LL BE HEREー 未来篇」「映画 けいおん!

*2:今年は5日間5作品。「劇場版 響け!ユーフォニアム 〜北宇治高校吹奏楽部へようこそ〜」「劇場版 境界の彼方 ーI'LL BE HEREー」「小鳥遊六花・改 〜劇場版 中二病でも恋がしたい!〜」「映画 ハイ☆スピード! -Free! Starting Days-」「映画 けいおん!

*3:昨年は境界過去篇と、今年は中二病とタイミングが合わず

*4:写真のコースターの下にグラス用の穴がある

SSS観てきたよ

感想 覚書 舞台


というわけで、気になりつつどうしようかなーまでは覚えてるんですが、いつの間にかエントリーしてたので「Sin of Sleeping Snow」に行けましたなにそれこわい。

ジーザス〜のタイトルはTLなどでちらほらお見かけしてたんだけど、そっか、同じとこなんだ、という程度のアレでソレなんですが以下内容に触れます。

  • 会場のはなし
  • 殺陣のはなし
  • おはなしのはなし
  • ぼんやりとしたはなし
続きを読む

キャラメルボックス観てきたよ

覚書 感想 舞台


というわけで行ってきました。
今年は演劇を積極的に観に行こうかなって思った時に、それならキャラメルボックスは一回行かなきゃなぁとスケジュールを確認したところこちらが目に入りましてポンポンポーン(タップ音)です。

初演からの年数回数考えたら注釈もいらん気もするけど、やや内容に触れます。
ダブルキャストでBlack/WhiteあるうちのWhiteキャスト公演です。

  • 会場のはなし
  • キャストのはなし
  • 舞台のはなし
  • むかしのはなし
続きを読む